オンリーワン~dog life total support

岡山・倉敷を中心に出張ドッグトレーニング専門で活動しています。シニア犬や障害犬の訪問介護、リハビリを兼ねたツボマッサージのサービスも提供しております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 犬の本能的行動ってどんなもの?

オンリーワン2


今日は、犬の本能的行動についてお話しましょう。

その前に、みなさんにはちょっとした心理テストを受けて頂こうと思います。



あなたはジャングルの中を歩いています。

うっそうと茂った木々をくぐりぬけると、そこで原住民に出くわしました!

もちろん言葉は通じません。

あなたは少しだけ危険を感じました。

この危機をどう乗り越えますか?

次の4つの中から選んで下さい。


1、先手を打って戦う

2、とにかく逃げる

3、気付かないふりをして通り過ぎる

4、にこやかに近づいて敵ではない事をアピールする



この4つの中で、あなたはどれを選んだでしょう?

やる気も体力も充分!という方は1番を選ぶでしょう。しかし、かなり危険な行為ですよね。

怖がりな性格なら2番、冷静沈着で面倒な事には巻き込まれたくない人は3番、

社交的な性格なら4番ではないでしょうか。



この4つの行動は、すべての動物がもっている本能的な行動パターンで

1、戦闘

2、逃走

3、回避

4、服従

という風に、大きく4つに分類することができます。

もちろん犬もこれに当てはめることができます。

見知らぬ犬に出会った時、あなたの犬はどの行動を取りますか?


自然界に住む動物は、すぐに戦闘を選ぶことはありません。

逃走もしくは回避です。

家庭で飼われている犬なら、回避または服従でいられるのが理想的ですよね。

いつも戦闘や逃走状態では疲れてしまいますし、

心が休まる時がないのは、とても可哀想な事です。

私たちが未開のジャングルでサバイバルしているのと同じ状態ということです。


しかしながら、この行動パターンはそのときの心理状態や環境、経験によって

その都度変化します。

他の犬が近づいてきた時「この犬は危険ではない」ことを

経験により知っていれば、回避または服従の態度を見せるでしょう。

また、知らない場所で知らない犬に出会えば逃走を選ぶけれど

自宅の敷地内に知らない犬が入ってくれば戦闘を選ぶこともあります。


人は、次にどの行動に出るかを考えてから行動に移しますが、

犬はこの時、考えず即座に行動へ移すので「反応する」と言えるでしょう。

そして、この行動パターンは犬がいつも起こす反応として脳が記憶しています。

記憶しているので、同じ反応を繰り返してしまうのです。

いつも戦闘や逃走の反応を起こす場合は、これを回避、服従に変えていけばいいのです。

新しい記憶としてもう一度脳に覚えさせるということです。

そうすることで、犬を自然に近い穏やかな状態に変化させていくことができます。



さぁ、みなさんの愛犬はいかかですか?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。