オンリーワン~dog life total support

岡山・倉敷を中心に出張ドッグトレーニング専門で活動しています。シニア犬や障害犬の訪問介護、リハビリを兼ねたツボマッサージのサービスも提供しております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ広告


リオンとオズマ?

犬は「ボディランゲージ」と目に見えない第六感と呼ばれる「エネルギー」で

互いの意思の疎通をはかります。

人や犬のみならず、すべての動物はエネルギーを持っています。

犬はこのエネルギーをニオイで嗅ぎ分けると言われています。

そして、初めての犬と対面した時、互いに肛門を嗅ぎ合って

相手のエネルギーレベルを感じ取ります。

これが犬同士のあいさつですが、人と対面した時も同じ行動を取ります。

あなたの下半身を嗅ぎ、あなた自身を知ろうとしますから

その時は、犬的あいさつを受け入れてあげて下さい。

そして、犬と対面したときに最も大切な3つの約束

「目を合わせない、触らない、話しかけない」でいて下さい。



あなたのことを受け入れた犬は、体をすり寄せてきたり

もっとあなたのことを知ろうと近づいて来ますから

その時だけ、ゆっくりと愛情を示して下さい。

この時はまだ目を合わせてはいけません。

ゆっくりと興奮させないよう手を出してみて下さい。

リオン

ペロペロとなめてきたら、そっとアゴをなでてあげましょう。

この時犬が後ずさりするようならムリに触ったりしないでください。

犬が「今は触られたくない」とボディランゲージで示しています。

犬と仲良くなることを急ぎ過ぎてはいけません。

ゆっくり時間をかけて行うのが自然の流れなのです。


とりわけ、これから成犬を飼うための最初の対面は

この方法で行うのが最善です。

犬を尊重することによって信頼を得られます。

この第一印象は今後の「しつけ」を大きく左右します。



さて、皆さんはどのように犬とあいさつしているでしょう?

まずは「かわいい~!!」とトキの声をあげ、しっかりと目を合わせ、

犬がどう思おうがお構いなしに頭をグリグリとなでまわしていませんか?

この人間的あいさつを受け入れる犬もいますが、

ほとんどの犬は、不安、興奮、緊張を感じています。

興奮して近づいてくる人間に対しては、必ず犬も興奮してしまうのです。

あなたは近所の人とのあいさつの時、トキを声あげますか?

そんな声は出しませんよね。

犬とのあいさつも同じです。

自然のまま、静かにお互いを感じ取るだけでいいのです。


時に、激しく吠える犬に「わかった、わかった、吠えないでね!」と

なだめる人を見かけますが、これは興奮や不安をあおるだけで逆効果です。

こういった攻撃性のある犬の横を通る時は、十分なスペースを取り

話しかけたり、目を合わせないで通り過ぎましょう。

攻撃的な犬と目を合わせることは、戦闘のゴングを鳴らすのと同じこと。

万が一、リードから離れてしまったら、あなたは間違いなく襲われることになります。


あまり知られていない、犬的あいさつ・3つの約束

目を見ない、話しかけない、触らない

小さいお子さんのいるご家庭では、ぜひお子さんにも教えてあげてほしいと思います。

しっかり覚えていて下さいね。



少し補足をしますが、仔犬の場合はこの限りではありません。

生後2~3ヶ月の仔犬は社会化の時期です。

この時期にしっかりといろんな人に触ってもらうことによって

「人間的あいさつ」を楽しく安心できることとして擦り込ませることができます。

そうすれば、成犬になっても誰がいつ触ってもそれを受け入れる犬に育ちます。



犬って奥が深いんですよね~

まだまだ、犬の基礎知識は続きます!

次回は「犬が感じるエネルギーってなに?」

犬はどんな風にエネルギーを感じ、それを読み取っているのでしょう。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。